提督 ss 辞める。 【艦これ・大和SS】提督「心が読めるインカム?」

ヤンこれ、まとめました

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

それでも充分広いけど」 江風「はっ、はっ、……ちゅーか姉貴は何で息一つ切らしてねぇんだよ……こっちゃヘトヘトだぜ」 時雨「鍛え方が違うから、かな?」 江風「そいつを言われちゃあぐうの音も出ねぇや……」 漣「おーいしぐりーん!アンド小川ー!」タッタッタッ 時雨「漣、どう? 提督は見つかった?」 漣「やーダメだわ、正直諦めたくなるレベルで見つかんないね。 2015年05月18日 23:50• 」 提督 流石駆逐艦…まだまだ子供…• こっちまで気が滅入るわ」 扶桑「そうね。

13

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

さ、提督の死亡の可能性が高まったことにしましょう。

6

【艦これ・大和SS】提督「心が読めるインカム?」

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

提督「という訳で、早速誰かにドッキリを仕掛けよう!」 青葉「何がという訳で、なのか知りませんけど、具体的に何をするつもりですか?」 提督「提督辞める」 青葉「は!?」 提督「…っていうドッキリを仕掛ける!」 青葉「…え?あ、ああ!なるほど!ドッキリですか。

8

ヤンこれ、まとめました

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

俺は抜いてるな……いてーけどしばらく剃らんんでいいから楽なんだ……• 村雨姉さんマジで怒っている) 普段、天使のように優しい村雨のいつもと違う態度に五月雨は恐怖する。

8

【艦隊これくしょんSS】提督「ああ?やっぱり嫌だった?」

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

そうしてるうちにも、榛名と電は男の手を取り戻ってほしいと懇願している。

12

提督「提督辞めてやろ!」

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

何事? 「ほらね提督。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• こちら扶桑、敵艦隊を発見。

13

【艦これSS】提督「敵の襲撃ついでに俺が死んだことにする?」【長門】

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

『私達は半年前に、薬を盛られ提督を嫌うよう仕向けられていました。 だが、一三が新米として大本営預かりだった際に、その縁があったある艦娘に一目でその大叔父に似ていると指摘され、以後、色々と世話を焼いて貰った事もあり、艦娘に嫌悪感を抱かずに今日まで提督として仕事が出来たのは彼女のおかげだという感謝があった。 提督「まず加賀と霞に出会うのは絶対にまずい。

13

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

青葉は会心の笑みを浮かべる。 俺はただ不愉快だった・・・」 卯月「そ、そん・・・な・・・」ワナワナ 提督「・・・・・・」 卯月「・・・・・・」プルプル 提督「分かったのならさっさと執務室から出ていけ、俺はお前の所為で片付けという仕事が増えたからな、書類も残してるんだ」スッ 卯月「し、司令官・・・」グスッ 卯月「い、いやだ!卯月、司令官に嫌われたくないぴょん!」タッタッタッ 卯月「・・・」ダキッ 提督「!」 卯月「うーちゃんもう司令官を困らせるようなこと絶対しないぴょんっ!絶対!絶対っ!」ギュウウウ 卯月「約束、約束するから・・・・・・ぐすっ・・・うーちゃんを許して・・・お願い・・・」ウルウル 卯月「」グスッ 提督「・・・・・・」 提督「・・・」 提督「もういい」 卯月「!」パァァァ 提督「お前には期待していない」 卯月「!?」 提督「もう俺に関わらないでくれ・・・分かったら部屋に戻れ、卯月」 卯月「い、いやだ!うーちゃん司令官が許しくれるまでここに「出て行くんだ卯月!」 卯月「」ビクッ 提督「それとも・・・まだ俺を困らせるのか?」 卯月「・・・・・・」グスッ 卯月「ひっぐ・・・ひどいぴょん・・・卯月司令官が・・・・・・大好きなのに・・・大好きなのにっ・・・!」ポロポロ 卯月「えっぐっ・・・うぅ・・・」トコトコ トコトコトコ. 青葉「……司令官!?」 一縷の望みをかけて青葉は振り向く。 ベシャ 瑞鳳「提督が叫ばないようにだよ・・・?」ニヤニヤ 提督「くうっ・・・・・・」ジタバタ 島風「提督が・・・いけないんですよ?」 島風「島風もう自分を抑えられないんだもん」ツカツカ 島風「・・・あはははははははは」スッ 首ギュウウウ 提督「(う、島風まで首を絞めてっ・・・!)」 島風「殺したりなんかはしないから大丈夫だよ・・・ただどこか少しだけ遠い世界に連れてってあげる」 島風「そこで私とずっと追いかけっこしようよ!ずっと・・・ずっと!」 提督「ぐっ・・・かふっ・・・・・・」グググ 卯月「司令官・・・・・・」 卯月「うさぎは寂しくなると死んじゃうぴょん・・・」ツカツカ 卯月「司令官が冷たくするなら・・・・・・次はうーちゃんが暖めてあげる(意味深)ぴょん・・・」スッ 首ギュウウウ 卯月「ここを離れたら毎日・・・毎日ぴょん!あはははははははっ!」 ゾロゾロゾロゾロ. 」 提督の脱走、開始。

15

提督「…辞めて欲しい?」

Ss 辞める 提督 Ss 辞める 提督

「提督さんがこの鎮守府から離れると聞かされたら、残された子達は傷つくよ。 いいぜ?話してやるよ。 ウォーリーより探すの難しいぜ、これは」 時雨「そっか、これだけ探して皆で情報を共有してもまだ探していない場所があるのかな……」 江風「なー漣サン、毎度毎度思うンだけどその小川ってのはもしかしなくても」 漣「もち、小川こと江風ことカワさんのことだけど?」 江風「やっぱか、もうちょいどーにかなンないの? ってか何で小川」 漣「小っちゃい川内さんっぽいから小川」 江風「せめて呼び捨てるかカワさんにしておくれよ」 時雨「2人共、無駄話してる暇があるなら足を動かすか目を動かそうか?」 時雨「ところで漣、曙は? 一緒じゃないの?」 漣「さっきまではね、でも追い付けないくらい全速だし全力だから分かれた方がいいかなって」 江風「そんなになのかよ……何がそこまであの人を駆り立てるんだ?」 漣「うーん……」 時雨「それはきっと、」 曙「随分、悠長ね、アンタら」ゼーハー 漣「おおう、噂をすればぼのやんだ」 時雨「本当だね……でも大丈夫? 息が上がってる、余程本気みたいだけど」 曙「うっさい、あの馬鹿を、見つけるのは私だから」ゼーハー 江風「いやっ、てか何で薄着……」 曙「走って、たら暑くなって、それで」ゼーハー 漣「汗もすげーよぼのやん……風邪ひくよ? 部屋戻ってコート着てくるか、もう休むかしたらどーよ? どう足掻いたって健康が第一だぜ?」 曙「……流石に体力も限界だし、そうする、後は適当に任せたから」フラフラ 江風「……意外にアッサリ退いたな?」 時雨「流石に身体を壊しちゃ元も子もない、と思ったのかな」 漣「ところでさ、しぐりんはさっき何を言いかけたん? きっとー、何?」 時雨「ん、ああ、それは曙のみが知ることだろうねって、ありきたりなことをね」 第七駆逐隊の部屋へと続く道中—— 白露「あれ? 曙? どしたの?」 叢雲「ちょっと、アンタ具合悪いの?」 曙「いや、ちょっと疲れたのと寒いのとで……」 叢雲「そりゃそんな薄着じゃ寒いに決まってるじゃない? 今何月だと思ってるのよ?」 白露「ま、ま、抑えて抑えて。

8